【脱!ペーパードライバー】ペーパードライバー教習のおすすめ比較

TOP > ペーパードライバー教習情報 > 教習所とペーパードライバー教習の違いは?

教習所とペーパードライバー教習の違いは?

 免許証は、様々な行政機関や銀行などで、自分自身を証明してくれるIDにもなります。大変便利ですから、自分を証明してくれるものとして所有する為に、とりあえず学生の時分、時間がある時に教習所に通って免許を取ろうと言う人も多くいる様です。もちろんそれから実際に自宅にある自動車を貸りて運転技術を向上して行く人もいれば、苦手意識が先に立って、あまり乗らないで時が過ぎて行く人もいます。それはケースバイケースで、生活の中であまり必要性を感じなければ乗らない選択もアリです。でも、結婚したり、子供が生まれたりして、家族が出来た時、送迎したり、仕事を辞めて家族のお世話を中心にしなければならなくなったり、また逆に、学生時代は電車通学していたけれど、就職が決まって社会人になって、配属先で車の運転を求められる様になった時、ペーパードライバーで数年時が過ぎてしまった人が、普通に車の運転を再開するのは、ちょっと本人的にも、周りの人間としても、不安も大きいのではないでしょうか

そんな時、もう一度自動車学校へ行って、短期のコースを習得して、勘を掴み成したり、またはもう一度基礎的な事を一から叩き込んだりすれば、安心と自信を取り戻す事が出来て、心の持ちようが違ってくる様に感じます。自分の卒業した自動車学校へ再度申し込みをしても良いですが、予約をしりた、待ち時間があったりして、予定通りに進捗が進まなかったり、小さな子供がいりすれば、時間に制限がありますから、イライラしたり、不満も募ったりする場合もあります。そんな時は料金は少し高くはなりますが、直接自宅に来てもらって、自宅の車で自分の行動する範囲の場所を一緒に同行して運転の指導をしてくれる出張型の講習を受けてみるのも良いかもしれません。自宅の車で、自宅の車庫入れなど基本的な生活圏の事で躓いている人も実は多い筈です。

颯爽と車を走らせて外出しても、家に戻って、自宅の車庫に車を入れられない、そんな人も案外多く、だったら運転しなければいいと安直的に考える人もいなくはなです。自宅から、良く行くスーパーまでの運転、子供の幼稚園までの道など、生活で利用する場所までの運転やその先での車庫入れなど、基本的な事を練習してクリアするだけで、自信も付いてきます。一つの事に自信が持てれば、運転の技術も今までとは全く違い、みるみると向上するでしょう。知らない人と自宅の車で二人っきりはちょっと、と言う方には、女性の指導員を選択する事も可能です。同性ならば、気軽に色々な運転技術についても聞きやすいですし、密室に二人っきりになっても左程抵抗はないでしょう。近所の人にみられて良からぬ噂を建てられる事もないです。

次の記事へ